百舌鳥・古市古墳群 世界文化遺産の地から発信
「美陵鰻」は完全無投薬、オーガニック、生粋の天下の台所・大阪育ちです。

漢字で「美陵」と書き、「みささぎ」と読みます。
本社を置く大阪府藤井寺市はその昔、美陵町と呼ばれていました。美陵本来の意味は皇族が眠る地とされ、古墳が多いのは、現代社会からは想像しがたいまでの先人の深い叡智と技と視点によって、健康な水・空気・自然・環境等、様々な考慮によって選ばれた世界文化遺産に登録されるほどの特別な地であるということです。
鰻本来の生命力を活かし、由緒ある地で育ったブランド名「美陵鰻」は、育つ地にとことんこだわり、人・うなぎ・自然、全てにやさしい環境で養殖した究極の鰻です。
社会・地域貢献を目的とし、安心・安全な大阪産(おおさかもん)を、自信を持って提供いたします。

完全無投薬、オーガニック

鰻のストレスを可能な限り排除したエコな生育環境。うなぎの生育レベルに合わせて水質・温度調整を行い、鰻に対する抗生剤も、成長促進剤も一切使用していません。

安全・安心で健康的に!!を最優先

クリアな水質環境のために、当社はいけすではなく、水槽を使用して養殖を行なっています。独自の濾過システムを各水槽に設置し、浄化することで常に澄んだ清浄な水質を保っています。

徹底した品質管理

美陵鰻は、これまでの鰻の養殖とは異なる当社独自の養殖方法で、のびのびと生育しています。養殖に使用する水は、大切に管理された地下水を濾過し、人も飲めるほどの高品質な水質にしています。この水は滝畑ダムを水源とした石川の伏流水を主に使用しており、自然に近い環境で鰻を育てています。

社会・地域貢献を目的とし、安心・安全な大阪産(おおさかもん)を、自信を持って提供いたします。

大阪産(もん)とは、大阪府域で栽培・生産される農産物、畜産物、林産物、水産物(以下「一次産品」)と、それらを原材料として使用した加工品のことです。

オンラインショップ
オンラインショップ